介護技術の基礎であるボディメカニクスとは

  • 介護技術の基礎であるボディメカニクスとは

    • 介護現場で働いていると、腰痛に悩まされている職員が多いです。


      その原因としては、無理な体勢での介助が挙げられます。

      高齢者施設の食事について考えます。

      例えば、ベッド上での高齢者のオムツ交換の際にかかんだ体勢での介助をしていたり、ベッドから車椅子に移動する時にも力任せに持ち上げたりというのは、職員自身の腰を痛めてしまうので悪い介護方法と言えます。

      その為、現場では身体介護の基本としてボディメカニクスを活用した介護を推奨しています。

      あなたが求める身元保証情報ならこちらをご利用ください。

      ボディメカニクスを理解して、それを活用した方法をしていくと腰痛防止にも繋がりますし、最小限の労力での介護をすることが出来ます。



      現場でのボディメカニクスとは、力学的原理を活用した方法で、原則としては支持基底面を広くして重心を低くすることです。



      この支持基底面が広いほど安定するので、職員自身も転ばずに立位を保つことが出来ます。

      基本的な姿勢は足を開いて膝を曲げ、腰を落とす姿勢です。



      そして、介助する高齢者に出来る限り接近することで介助がしやすくなります。



      もうひとつのポイントは、身体をねじらないことです。

      不自然に身体を曲げるのは不安定で危険で、腰痛の原因になるので避けましょう。

      そして、移動する高齢者の方向を妨げない位置に足を置きましょう。



      次に、ベッド上から高齢者を起こす介助のボディメカニクスとしては、てこの原理を応用した方法で介助します。


      持ち上げるのではなく、シーソーのようなイメージで臀部を支点として、円を描くようにゆっくり身体を起こしていきます。その時、高齢者の身体をなるべくコンパクトにまとめた方が介助もしやすくなるので、膝を曲げてもらったり手足を身体の前に持ってきてもらうと良いでしょう。



      こうしたボディメカニクスを活用して、普段の少ない方法が理想だと言えるでしょう。

  • 関連リンク

    • 介護は昔から各家庭に普通にあり、子が親の面倒をみる、または妻が夫の面倒をみるということは当たり前のこととされてきました。しかし、今やそのことは社会全体の問題となってきています。...

    • 介護保険制度が発足したのが平成12年4月のことです。年数が経つにしたがって徐々に少子化高齢化が進展してきています。...