介護技術の基礎であるボディメカニクスとは

  • 介護保険について理解しよう

    • 要支援や要介護状態になった時に、支えとなる介護保険制度とは高齢者の家族の負担を軽減する為の制度です。



      まず保険加入にするのは、40歳以上の医療保険に加入している人達です。



      特別な手続きは必要ありませんが、年齢や疾患によってサービスの内容や保険料の納め方が異なります。
      被保険者は、市町村ごとに決められ、納付していきます。

      一般的には、65歳になって第一号被保険者になると保険証が発行されて、第二号被保険者である40〜64歳は要介護認定などを受けた時に交付される仕組みになっています。



      介護サービスを利用したい場合には、本人か家族が市町村の窓口に申請書を出します。


      そして、市町村の職員である調査員が家庭を訪問して、高齢者がどんな状態なのかを調査します。



      同時に、心身の状態についても主治医などによって、意見書を作成します。



      コンピュータ判定の結果などをもとに審査決定をしたら、認定通知が届きます。



      結果に不服がある場合は、不服申し立てをすることも可能です。
      そこから、ケアプランを作成して、サービスの利用開始となる仕組みです。

      介護保険で受けられるサービスには種類があり、原則としてサービスの費用を1割は自己負担することになっています。



      サービスのメニューにないものは全額は自己負担になりますし、それぞれ在宅サービスと施設サービスを利用した場合の負担内容も異なりますので、事前にケアマネージャーなどにきちんと相談しておくと良いかもしれません。



  • 関連リンク

    • 要支援や要介護状態になった時に、支えとなる介護保険制度とは高齢者の家族の負担を軽減する為の制度です。まず保険加入にするのは、40歳以上の医療保険に加入している人達です。...

    • 自分や身近な人に介護が必要となった場合、頼りにしたいのがその専門職です。これらの人を頼ろうとした場合、そうした人たちがいる施設に入居しなければならないのでは、と考える人も多いかもしれません。...