介護技術の基礎であるボディメカニクスとは

  • 介護が必要になった時に頼りたい専門職について

    • 自分や身近な人に介護が必要となった場合、頼りにしたいのがその専門職です。


      これらの人を頼ろうとした場合、そうした人たちがいる施設に入居しなければならないのでは、と考える人も多いかもしれません。



      しかし、決してそんなことはありません。



      施設によっては、その地域に住んでいる人の介護に対するあらゆる相談を受け付ける窓口を持っているところもありますから、その力を借りるのも重要なことです。

      まず頼りたいのはケアマネージャーの存在です。


      ケアマネージャーはケアプランを作成することができる専門職です。



      ケアプランとは、その人の状態に相応しいと思われるサービスの内容や日時などが記された計画書で、効率的にサービスが提供されることを目的として作成されるものです。
      このケアプランは、介護サービスを受ける際には作成してもらうことが必要となります。



      その際には、本人や家族の希望などの聞き取りも行われますから、不安や悩みなどを感じている場合にはそれらも相談しみると良いです。それから、自宅などを要介護者の状況に合わせてリフォームしようと考えている場合、多くの人はリフォーム専門業者や建築設計事務所に足を運ぼうと思われるかもしれません。
      しかし、介護を理由としたリフォームの場合にはそうした業者を頼るよりも、作業療法士や理学療法士にアドバイスを求めた方が、より良い助言を得ることができることも少なくはないのです。



      これは作業療法士や理学療法士が、人体の機能的な面や使用している福祉道具の機能面から、リフォームを計画することができるためです。



      現にリフォーム専門業者の中には、これらのリハビリ専門職の有資格者を配置しているところもあるくらいです。



      ケアマネージャー、作業療法士や理学療法士は高齢者施設、特に老人保健施設であればほぼ常駐しています。

      相談をしたい場合は、それらの施設にあらかじめ連絡を入れ、面談を取付けてみると良いです。



  • 関連リンク

    • 自分や身近な人に介護が必要となった場合、頼りにしたいのがその専門職です。これらの人を頼ろうとした場合、そうした人たちがいる施設に入居しなければならないのでは、と考える人も多いかもしれません。...

    • 要支援や要介護状態になった時に、支えとなる介護保険制度とは高齢者の家族の負担を軽減する為の制度です。まず保険加入にするのは、40歳以上の医療保険に加入している人達です。...