介護技術の基礎であるボディメカニクスとは

  • 年々厳しくなる介護制度

    • 介護保険制度が発足したのが平成12年4月のことです。



      年数が経つにしたがって徐々に少子化高齢化が進展してきています。


      その結果、支える側が徐々に少なくなり支えられる要介護者などが増加している傾向にあります。
      現在はまだ支える側が何とかもたせている制度ですが、今後も支える側が支えきれるかどうかは予断を許さない状況です。

      医療や介護、年金の制度が毎年のように負担が大きくなり、その負担に耐え切れなくなってきている人も少なくないからです。



      そのため、政治的な決断である程度支出抑制に動かざるを得なくなってきています。



      その代表とされるのが施設でのサービスの抑制です。

      施設サービスは在宅の場合よりも高額であり、一般的にこの施設でのサービス提供が多い地域では、在宅が中心となっている地域よりも、差が大きいところで毎月の介護保険料が約3倍も違うというデータがあるとされています。



      つまり、施設ばかりを作れば、その施設利用者が多くなってしまい支える側の負担が大きくなってしまうという問題が生じてきてしまいます。



      支出抑制のためにも施設利用をできるだけ抑制したい行政では、例えば社会的入院の代表例だった療養病床の削減に取り組んでいます。



      この療養病床を利用していた要介護者などは、特別養護老人ホームなど別の施設へと変わることを余儀なくされているとも言われているところです。



      このように、徐々にこの業界を取り巻く流れは、より一層と厳しさを増していくことと目されています。



  • 関連リンク

    • 介護は昔から各家庭に普通にあり、子が親の面倒をみる、または妻が夫の面倒をみるということは当たり前のこととされてきました。しかし、今やそのことは社会全体の問題となってきています。...

    • 介護保険制度が発足したのが平成12年4月のことです。年数が経つにしたがって徐々に少子化高齢化が進展してきています。...